健康の最近のブログ記事

やっぱりご無沙汰です(^^)/

|

川越に半単身赴任している、今は相談役らしい内田です。

川越と行ったり来たりで、正直大変ですが、なんとか倒れずにやっています。

ただ・・・。

右奥歯が取れてしまい、もう支えになっている根っこの歯もボロボロ

ireba-3.jpgだったので、先週の土曜日に抜いてきました~(=_=)

ireba-2.jpgやっぱり歯を抜くのは、いくつになっても怖いですね(;´・ω・)

インプラントか部分入れ歯か迷いましたが、部分入れ歯にしました(-_-;)

インプラントがいい、という意見もありますが、

金額的なことと(1本30万(゚Д゚;))、これから閉経を迎え骨がカスカスになっていくことを考えたら

骨に穴を開けても大丈夫かよっ!って思って、とりあえず部分入れ歯にしてみました。

部分入れ歯ireba-1.jpg

・・・なら、1本5000円で済みますからね~(*^^)v

だけど・・・

とうとう、ポリデントになってしまった・・・

ireba-6.jpg歯は大切にしましょう(^^)/ireba-5.jpg

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

突発性難聴 その2

|

K病院に入院が決まり、月曜日の10:00受付をすませ、病室に案内されました。

nantyou13.jpg 

1泊1万7000円もする、個室はこんな感じ↓↓

nantyou12.jpg 

トイレはついていますが、シャワールームはついていません。

窓からは、都心が一望できます。

 

そして、早速、点滴開始。

nantyou14.gif「途中で気分が悪くなったり、異常を感じたら呼んでくださいね」

と、優しい看護師さん。

初日の点滴は、ステロイドMAX量で、500㎎投入。

初日は500、2日目は400、3日目は300、4日目は200、5日目は100で退院になります。

最初、緊張して点滴を受けましたが、思うほどたいしたことないなぁ、って感じでした。

 

ステロイド治療は、副作用が強く、特に胃にくるといわれていたのですが、

胃薬をいただいていたおかげで、食事は全部食べちゃいました。

nantyou15.jpgK病院の食事、私はとっても美味しくいただきました。

デザートの手作りプリンや手作りアイスクリームは、美味でした♡♡♡

 

ムーンフェイスにもなると言われていましたが...

nantyou20.jpgもともと太っているので、

何がムーンフェイスなのか、分かりませんでした。

 

先生は、副作用を心配して、マメに見にきてくださいましたが、

快適そうな私の顔を見て、ビックリしていたようです。

 

ちなみに、この病気の原因は、ストレス不眠が大きようで・・・。

それを軽減させるための、入院でもあったのです。

 

いやぁ、楽でした。

黙っていてもゴハンは出てくる、掃除してくれる、

点滴以外はゴロゴロしながら、テレビを見て雑誌を読んで・・・。

あまりにも暇なときは、1階のナチュラル・ローソンでお買い物♪

nantyou16.jpg

家にいる時よりも、正直リラックスした入院生活でした♪♪

 

・・・・でも、1日目、2日目、3日たっても耳の状態に変化を感じられませんでした。

不安になって、看護師さんに聞いたところ、

入院中に聞こえるようになった人は、ほとんどいないですよ。

退院してから、よくなったっていう方がほとんどですから、

焦らないでくださいね」との、またまた優しい言葉(/_;)

 

4日目、ちょっと変化を感じました。

耳鳴りが、なんとなく小さくなってきたような感じがしたのです。

 

5日目、退院の日、またほんのちょっとだけ耳鳴りが小さくなったような・・・。

先生に診察を受けにいくと、

nantyou21.jpg入院中に少しでも変化があったなら、聴力が戻るかも

・・・と、希望の光が見える答えがっ!!!

「1週間後、外来で聴力検査しましょう」

・・・という先生のお言葉をいただき、退院しました。

 

そして、家へ戻り1週間の間にどんどん耳が聴こえるようになっていったのです。

退院後の外来診察時には、なんと聴力が正常に戻ったのです。

「今まで、診てきた患者の中で2人だけだよ。こんなに回復がめざましい人は」

と、先生もビックリされていらっしゃいました。

「もう、治療いらないから。それと、突発性難聴は再発しないけど、右耳に気をつけてね」

・・・・・・・・・・そう、その時先生はこう言ったのですが・・・・・・・・・・・

~つづく~

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

突発性難聴 その1

|

最初の発症は、8月の終わりの頃でした。

普通に道を歩いている最中に・・・

「ポンッ!!!」

nantyou6.gif

・・・と、左耳で鳴ったかと思ったら、次の瞬間、耳がふさがれた状態のようになり、

ほとんど、聴こえなくなりました

 

「あぁ、難聴かなぁ、なるべく早めに病院行かなくちゃ」

とは、思っていましたが、仕事があったので当日には行きませんでした。

ところが・・・。

次の日になると、まったく聴こえない状態になり、併せて耳鳴りがひどくなり、

人ごみにいると、耳の中で雑音が反響して、おかしくなりそうになりました

nantyou10.jpg 

「これは、やばいっ!!!」

近所の耳鼻科に急いで行くと、即検査。

検査結果を見た先生は、しばらく沈痛な面持ちで黙ったまま。

nantyou4.jpg.....................

(その間、やめてっ~! こわいぃぃぃ・・・)

 

しばらくして、「これは、マズイなぁ・・・」。

「どこか大きな病院に入院して治療しないとダメですね」と。

近所の大きな病院を勧められたのですが、多少遠くても知っている病院がいいと自己判断し、

紹介状を書いてもらいました。

 

中野のK病院にその足で行ったのですが、

移動中「カーン、カーン」と耳の奥から、金属を鳴らした音、

nantyou11.jpgう~ん、水琴窟?に近い音が定期的になり始め、気持ちが悪くなりました。

 

K病院に到着し、再検査。

やはり診断名は、「突発性難聴」

しかも、たまたまその日は、金曜日で次の月曜日からしか入院できない、

さらに個室しか空かない

個室代だけで、なんと1泊、1万7千円!(@_@;)(@_@;)(@_@;)。

(どぉしよ~、高い~・・・・)、

めちゃめちゃ悩みましたが、選択肢がなく個室入院になりました。

 

その際に先生に言われたのが・・・。

「この病気は難病です。原因が分かっていません

治療は、5日間の入院中、1日に1回ステロイド点滴をします。

大量に投与するので、どうしても入院が必要になります。

ただ、短期間ステロイドを大量に投与しても、ほとんどの方が副作用がないというデータがありますし、

副作用が出ても、すぐに対応しますので安心してください。

ただし、必ず治るとは限りません。

1/3の方はほぼ完治、1/3は少しよくなり、1/3は治らずそのまま

というデータがあります。

入院後、あまりに予後が悪い方は、

当院では鼓膜に穴をあけ、直接内耳にステロイドを投入するという治療を行います」。

 

・・・・・・・・・・。

あまりの怖さに、思わず「内耳に直接ステロイド投入って、痛くないですか???」

と、聞いた私に、先生がにこっと笑って一言、

そりゃあ、痛いですよ」。

nantyou5.jpg

その笑顔に、背中がゾクゾクしました・・・・・・(ーー;)  

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

またまた、ご無沙汰です^_^;

|

やっと、目指していた資格試験に合格しまして、何とか合格しましたぁ\(^o^)/

あぁ、長かった・・・・・・。

 

ストレスからか、勉強中に虚血性大腸炎で入院2回、突発性難聴で入院2回、

計4回も入院してしまいました。

nyuinusa.jpg以前に、虚血性大腸炎の入院ブログはあげていましたが、

突発性難聴のブログはあげていなかったので、「突発性難聴ブログ」をあげたいと思います。

 

ちなみに、突発性難聴とは・・・

 「ある日、目を覚ますと片側の耳が聞こえなくなっていたり、つ まる感じがしたり、

耳鳴りを感じたりする病気です。

また 昼間はどうもなかったのに、夕方になって急に眩暈(めまい)とともに難聴 を感じたりする

ことで始まることもあります。

 これは突発(性)難聴と言って、昨日までどうもなかった、

あ るいは今さっきまでなんともなかったのに、突然急に発症するタ イプの内耳の病気です。

典型的には何月何日何時何分というふう に、時間がはっきりわかることもあります

 

・・・と、いう病気です。

国指定の難病で、原因ははっきり分かっていません。

 

私も、普通に歩いていたら、突然「パンッ!」という音が左耳でしたと思ったら、

耳がふさがったようになり、聞こえなくなってしまいました。

ほんと「えっ?!」って感じです。

nantyou3.png 

この病気は、そのままほおっておくとそのまま耳が聞こえなくなります。

とにかく、すぐに耳鼻科に行って処置を受けないといけません。

ちなみに、これはほかに難聴もすべて同じです。

nantyou1.jpg

早く治療を受ければ受けるほど、よくなりますから皆さんも気をつけてくださいね!

 

病気&入院ブログの続きは、次回ということで・・・。 

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

退院しました\(^o^)/♪

|

先週の土曜日、予定どうり退院しましたo(^-^)o♪
色々な方々に、大変ご迷惑をおかけしました。
この場を借りて、心よりお詫び申し上げますm(_ _)m。

前回も、たぶん同じ病気だったと思います。
自分の健康管理不足で、病気を再発させてしまいました(∋_∈)★

色々な先生が、色々な事をおっしゃっていますが、
虚血性大腸炎」の原因は、冷え便秘、そして何より大きい引き金は「ストレス」だと私は思います。

...ですが、1年の間に2回の入院は、人生で初めて。
さすがに、コリましたf^_^;。
fuji-byouin.jpg
前回と同じところから、写メした富士山です。
前回は雪帽子をかぶっていたのに、
今回はこんなお姿でした。
二度と、この景色を写メすることのないように、体調管理に励みます(`∇´ゞ!

まだ、本調子ではないので、
施術はしばらくお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけしてしまいますが、
お客様に施術する際は、ベストコンディションでのぞみたいと思っておりますので、

ご理解のほど、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m。

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

入院ぶろく その4

|

今日で入院7日目です。

点滴も外れ、食事も5分粥から全粥になりましたo(^-^)o

byouinno syokuji5.jpg

byouinno syokuji6.jpg  

ただ、歩くとまだクラクラきます★

少しずつ、ベッドから離れて、動いてみようと思います(^◇^)┛

 

ウンチ君は、一度だけでましたが、ちょこっと(お食事中の方、ゴメンなさい)。

でも、出血は止まったようです。

まだ、左下腹部は痛みますが、だんだんラクになってきました。

 

土曜日には、退院予定なので、後2泊、頑張り(?)ます\(^ー^)/

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

入院ブロク その3

|

内視鏡も無事に終わり、疾患の診断名が出ました。

虚血性大腸炎」。

大腸への血液循環が悪くなり、必要な酸素や栄養分が供給されなくなるために、

大腸粘膜が虚血となり、炎症や潰瘍を生じる疾患です。

直前に、便秘になっている人が多いようです。

便秘による腸管内圧の上昇などが加わるため、出血してしまうとか。

症状として、突然の腹痛、下血が見られるそうで...。

 

結局、この前もそうだったのでは......。

原因は、ストレス。よく考えなくても、ストレスだらけでしたね~。9月に入ってから。

byouinno syokuji3.JPG

byouinnno syokuji2.jpg 

 そんなわけで、昨日から3分食が始まりました。 

 この病院は、食事はおいしいです(⌒~⌒)♪

やっと点滴も取れましたが、まだ左下腹部の一部に差し込むような痛みが......。

ホントに食事を始めても、よかったのだろうか...(-.-;)。

 

まだまだ、入院生活が続く内田です。

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

大腸炎で今年2度目の入院!その2

|

朝の6時から下剤を飲み始め、検査が9時30分過ぎから始まりました。

daityounaisikyou-2.jpg 

下剤を飲むのも、検査自体は大丈夫なのだけれど、私が苦手なのが、その時に入れる鎮静剤

終わった後のクラクラ観が、超気持ち悪い\(+×+)/のです。

 

眠れもしないし、まったく大丈夫ってわけでもない。

気持ち悪くて、めまいがして、いつも立てなくなっちゃうのです。

 

まるでヘタな遊園地のコーヒーカップに乗った後みたいな...。

daityounaisikyou-3.jpg

今日も検査室から、車椅子で部屋まで帰りました(-.-;)

 

診てくれた先生によると、S状結腸から下降結腸にかけて、強い炎症があり...。

う~ん、検査後にもちょびっと下血。

検査でつついたからかなぁ...。

 

また、入院ブログで報告しますね( ̄∀ ̄)

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

大腸炎で今年2度目の入院!

|

またまた、大腸炎で入院中の内田です。

今回は虚血性大腸炎ではないか?との事で、今から大腸の内視鏡検査です。

20日の接客中に発症し、下血(次の日の朝まで出続けました(ノ△T))、左下腹部の差し込むような痛み......。

 

この前と同じじゃん!(-"-;)

...と、すぐに入院した病院に駆け込みました。

診てくれたのは、たぶん20代であろう若い先生。触診もせず、病院で下血したのにも関わらず、それを診ることもせず、「痔じゃないの?痔だよ、痔」...って(-_-#)。私しゃ痔主じゃないっつーの(怒)

でも、下血がとまらなかったので、とりあえず入院。絶食、24時間点滴。

tenteki.jpg

そして、今日、内視鏡です。

daichou kensa.jpg

今、スタンバってます。食べてないし、出すもの出しちゃったし、フラフラです。

kensa pantsu.jpg

kensa pantsu2.jpgでも、特注穴あきパンツを履いて、頑張ってきます(;∇;)/~~

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

インフルエンザ対策―アロマオイル

|

 インフルエンザ、猛威をふるっていますね~(=_=)

今、西八王子から高尾間で、特に流行っているようです。 

マスク、手洗い&うがいは、もちろんのこと、インフルエンザをアロマで予防しちゃいましょう!(^^)!

 

インフルエンザにテキメンに効果を及ぼすEオイルは・・・

oil-1.jpgティートリーと・・・ oil-3.jpgラバンサラです。  

ティートリーは、殺菌作用や抗炎症作用がとても強いオイルで有名ですよね。

ちなみに、コップ1杯にティートリーを1滴たらしたものでウガイをすると、

イソジンの1000倍の殺菌効果があると言われています。

  ただし・・・。ちょっと味はいただけないですが・・・^_^;。  

 

ラバンサラは、呼吸器系に作用するシネオールを多く含み、

インフルエンザや気管支炎などに効果を発揮します。

あまり、聞かないオイルですよね。

販売しているメーカーとそうでないメーカーがあるので、探してみてください。

使い方ですが・・・。

「症状によって色々ですが、例えばインフルエンザの患者さんにティートリーの原液を2滴ずつ2時間おいて2回、計4滴を服用したところ、2日間で完治した例があります。ティートリーを使ったうがいも効果があります」

(『効果テキメン アロマ大百科』川端一永先生著 より)

・・・との事ですが、飲用するのはちゃんとしたメーカー物以外は厳禁ですし、

私も一度飲んでみましたが、オイルなのでちょっと気持ち悪くなりました(@_@;)

フランスあたりではEオイルが飲用薬として、薬剤扱いになっていますが、 日本ではまだまだです。

人によっては、常用しているお薬と合わなかったり、 体質的に受け付けなかったり、

アレルギーが出る場合もあってはマズイので、私は飲用はあまりオススメできません。

では、私のオススメ使用法は・・・。

オイルポットでも、ディフューザーでもよいので、オイルを空気中に漂わせるとよいと思います。

oil-6.jpg oil-7.jpg

6畳間だと、ティトリー4滴&ラバンサラ3滴ぐらいでしょうか。

部屋を殺菌してくれますし、呼吸器にもとってもよいです。

 

この時期、ほかの風邪やウィルスにも効果テキメンだと思います(^◇^)  

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。