2013年5月アーカイブ

天皇陛下が・・・(T_T)

|

今日、多摩御陵に天皇陛下がお越しになる、しかも家の前を通るとのことで、

朝から、私服の警視庁の警官が家の周りをウロウロ・・・。

 

お越しになった時は、拝見できませんでしたが、

帰りの際は、そのお姿を人生初!!!

拝見しました!!!

しかも!!!!

大きく手をふったら、天皇陛下自ら御手をふりかえしてくださったのです(ToT)/~~~☆

周りは私しかいなかったので、私にぃぃぃ~~(ToT)

嬉しかったぁ~!!!!!!

 

で、興奮しすぎちゃって、写メは、天皇陛下をガードする白バイの写真しか撮れませんでした。

heika.jpg

人生、生きていれば、いい事があるもんだ・・・。

あっ、ちなみに家の前で警護している警視庁のお兄さんが、V6の岡田君に似てました♪

目の保養までできて、ラッキーな一日でした(*^。^*)☆彡

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

大腸炎で入院(@_@;)~その4

|

下剤を飲んだ夜、就寝9時前に来ました、・・・便意が・・・。

怖いなぁ~・・・な~んて、悩んでいる暇もなくトイレに駆け込むと・・・。

出ました、出たっ!!!

ちゃんとした色のうんちょ君がっ(・.・;)

下剤を飲んでいたので、柔らかかったですが。

 

ホッとして、翌日の大腸のバリウム検査を受けました。

大腸のバリウム検査って、受けたことありますか???

私は初めてでした。

nyuin-9.gif←こんな感じの検査です★

お尻の穴から、バリウムを注入し、レントゲンを撮るというもの。

胃カメラよりマシでしたが、腸の動きをとめる注射をした割には、

途中で出したい~っ!・・・と激しい欲望が頭の中をグルグルめぐりました(@_@;)

結果、バリウム検査上は何もありませんでした!(^^)!

 

でも・・・。

どうも、主治医の先生は「大腸がん」を疑っていたらしく、

それを聞いて、ちょっとショックを受けました(ーー;)

 

なので、念のため6月に入ったら、大腸の内視鏡検査を受けようと思っています。

ホント、健康管理は大切ですね。

お客様の健康をケアしなければならない立場なのに、自分のケアができていなかったなんて・・・。

いやはや、反省しきりです((+_+))★

 

検査終了翌日、10日ぶりのお風呂に入りました\(^o^)/

いやぁ・・・、気持ちがよかったです(^.^)♪

ホットタオルは、毎朝配られて、それで体を拭いたりしてはいたのですが、

やっぱり、お風呂が一番です(^_^)v

 

そして、その翌日、無事に退院することができました。

今も整腸剤等を飲みながら、お粥やうどんなど消化によいものを食べるようにしていますが、

仕事を休ませてもらったおかげもあって、だいぶ復活してきました。

 

来月には、完全復活したいと思っていますが・・・。

ま、無理のない範囲で、施術も行っていこうと思います。

どうぞ、宜しくお願いいたします<(_ _)>!

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

大腸炎で入院(@_@;)~その3

|

出産以来、初めての入院。

大部屋(4人部屋)の、壁際のベットに案内されました。

nyuin-7.jpg

 すでにこの時、脱水状態だったので、まず点滴です。

もともと血管が見えない体質で、脱水状態なわけですから、さらに血管がとりずらい・・・^_^;

看護師さんが四苦八苦して、結局、手首から点滴を入れました。

そして、この時から「腸を休ませましょう」と、24時間断食点滴の日々が始まったのです((+_+))

 

いやぁ~、食事って本当に人生の楽しみのひとつだったんだなぁ、と改めて感じさせられました。

周りの方が、食事をしている間、匂いだけ嗅いで自分は何も食べられないわけですから・・・。

思ったほど、その匂いを嗅いで「食べたい」とは思いませんでしたが、

水も取れないので、口の中がカラカラになるのが、一番しんどかったですねぇ~。

時々、ウガイや口をゆすぐ事で、何とかごまかしましたが・・・。

 

さらにしんどかったのが、そこが「大部屋」だったこと。

夜9時なんて早い時間に寝たこともないのに、消灯&就寝が9時

でもって、周りの人に迷惑にならないようにと、自分がたてる音に異常に敏感になり・・・。

朝まで、寝てるのか、起きているのか分からない状態になり・・・。

「あぁ、大部屋って、こんなにしんどいのね~」

・・・と、思い知らされました。

 

さらにさらに。

私の部屋(大部屋と言っても各個人の部屋はカーテンでしきられています)は、

外の景色が見えない(;O;)!!!

だから、朝が来ても昼間でも、外の景色が見えなくて、つらかった~((+_+))★

かと言って、個室は+10500円の部屋代。

ですから、ひたすら我慢するしかなかったわけです。

 

初日は、ベットでおとなしくしていましたが、2日目になると体力も少し回復してきたこともあって、

病院内をウロウロしていました。

特に、景色も見えないベットにいるだけで、気が滅入ってくるので、

景色がよく見える、食堂まで行って、今まで読みたくても読めなかった本をひたすら読んでました。

 

朝一で食堂に行くと、こんな景色が窓から見えます。

nyuin-2.jpg

富士山がクッキリと見えます。これは、ちょっぴり嬉しかったですね~。

 

24時間点滴は、4日で終了。やっと点滴がとれたと思ったら・・・。

すぐに胃カメラの検査(@_@;)★

nyuin-8.jpg鎮静剤を使わないと大抵、こうなります。

入れる時がめっちゃくちゃ苦しい。

ツバを飲み込まないでと言われても、出てきちゃうから仕方ない^_^;

この時は、3,4回胃カメラを飲みなおしを強制されました(T_T)

※ちなみに、胃カメラは上手い先生とヘタな先生がいます※

結果は、軽い逆流性食道炎がみられたものの、特に異常なし。

ちなみに、私の胃は瀑状胃です(これは以前から知ってました)。

ですから、逆流性食道炎になるのは、仕方がないわけです。

nyuin-5.jpgこんな形の胃なので、胃酸があがってきやすいのです。

ですから、口がちと臭くなりやすいのです(それは、口の匂いではなくて、胃酸の匂いなのです)。

 

検査が終わって、病室に戻ると、やっと流動食が出ました(^^)♪

nyuin-6.jpg こんなのでも、お腹いっぱいになっちゃうのが不思議。

流動食を開始したと思ったら、その夜から下剤を飲んで、次の日の大腸のバリウム検査に備えて寝ました。

 

でも・・・・。

下剤を飲んだものの、うんちょ君を出すのがこわい。

なぜって、その前にしたうんちょ君は血まみれだったから・・・・・・・((+_+))

で、下剤で久々に出たうんちょ君は・・・(その4に続く・・・)

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

大腸炎で入院(@_@;)~その2

|

翌日、朝から体中に力が入らず、お腹も痛い・・・。

nyuin-3.jpg

その日は、ベビーマッサージ講習会の日だったのですが、泣く泣く「今日は中止で・・・」と電話しました。

 

とりあえず、病院に行こうと探したものの、木曜日は八王子市内のほとんどの病院が休診日で・・・。

しかたなく、唯一営業している、車で5分ところにあるS医院に彼の車で行くことにしました。

彼が先に診察券を出しに行ってくれたのですが、その間に・・・。

 

お腹がいたいっ!!!

トイレに飛び込み、用を済ませたら・・・。

ギャァア~~~!!!!!!

nyuin-4.png

うんちょ君が血まみれでした(;O;)(;O;)(;O;)(@_@;)~~~。

ショック、ショック、ショックでした(@_@;)

 

彼に℡し、病院にそのまま直行しました。

先生が緊急と判断したのか、すぐに検査してくれました。

その結果・・・。

「出血性大腸炎ですね。ほら、生肉食べて、大騒ぎになったアレだよ」

「強い抗生物質をあげるけど、朝までよくならなかったら、朝一で来て。入院になるかもしれないから」

・・・と、言われました。

結構、ショックでした(:_;)★

私、危ないのかも・・・・・・。

 

家に帰って、水分だけとるようにして、布団で休みましたが・・・。

夜中に便意があり、トイレにいくと、『鮮血』しか出ません・・・(*_*)(*_*)(*_*)

 

次の朝、病院に行くと、すぐさま入院の紹介状を書いてくれました。

向かったのは、市内の「SN病院」。

その日から、1週間以上の入院生活が始まったのです・・・(その3につづく・・・)

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。