2013年11月アーカイブ

腰痛体操 その1

|

 それでは、それぞれの症状に対して、どのようにアプローチしていけば、

症状が緩和され、改善していくでしょうか?

 

まずは!

患部にそれ以上の刺激を加えないこと 

(実際は痛くて自然に避けてしまいますよね・・・)。

基本中の基本ですが、やはり、急に起こった場合、まず炎症があるかどうかです。

炎症があった場合、冷やさなくてはなりません

ただ、腰の場合はあまり急激に冷やしてしまうと、内臓への負担もかかってしまいますから、

湿布薬や、市販の消炎剤を塗るのが適切です。

youtuunotaisou1.jpg 

◆腫れは引いた、あるいは腫れていない場合・・・。

今度は温めて血行を良くすることになります。

youtuuundou2.jpg

お風呂に入っているときに楽になるようであれば、血行が良くなった方が痛みの緩和につながります。

つまり日常でも、温めてあげた方が血行促進になり回復につながるということです。

 

◆日常の急激な痛みの状態から、だいぶ経過しますと・・・。

回復期になります。

そこで、それぞれの症状に合わせた運動療法が出てまいります。

 

では、腰痛別に運動療法を紹介していきます(^^)。

 

☆基本的に体をそらして、比較的楽な場合・・・

上半身を両腕で持ち上げる、いわゆる「マッケンジー法」が効果的です。

下画像のように体をそらして、10~15秒こらえてから脱力します。

これを、数回繰り返します。

mackenji.JPG 

反対に体をそらすと痛む場合と、体を丸めた方が楽になる場合、

あおむけに寝て膝を抱えて、その場でコロコロと前後に転がります。

  korokoro1.jpg korokoro2.jpg    

 時間は90秒間、回数だと100回くらいやってみてください。

その際、できるだけ膝頭を近づける必要もあります(無理な場合は足首を組んでもいいです)。

朝と夜に2回、やっていただくといいようです。 

 

この2つの方法はくなった腰椎の間隔を広げという、効果があります。

 

☆次にご紹介しますのは、脊柱管狭窄症等の方のストレッチ法です。

実際には、腰さえ痛くなければどなたにもできるストレッチです。

strech.JPG

①仰向けになります。

②片足を上げます。

③膝を伸ばします。

④伸ばした足底にタオルをひっかけて、引っ張ります。

すると、ふくらはぎや太ももの裏、おしりの筋肉にもツーンとした痛みを感じます。

これは筋肉が縮まっているのが原因ですから、伸ばしてもいいのです。

だいたい、片足各2分くらいストレッチすると効果的です。

 

☆最後におススメなのが、私も続けてやっていることなのですが、

究極のおしり締め運動です。

立ったままで、行います。

 

①イメージとして、自分のお尻の先端の骨(尾骨)から尻尾が生えているイメージを持ちます。

その尻尾を、足の間に挟み込むような感じです。

そうするとお尻の穴が閉まります。

standing back.JPG

②ただこれだけで、終わりではないです。

次に、締めたお尻の穴から、今度は狭いジーンズのジッパーを、

お腹を締めてお臍にのほうへ締めるイメージで引きあげます

standing side3.JPG

③さらにその時途中まで出たおしっこを我慢するイメージです。

これを短く息を吸ってながーく吐きながら、20秒頑張ります。

20秒休んで、同じ要領でお尻の穴を締めます。

standing nomal2.JPG 

これを繰り返すと、3分間で5回のおしり締め運動が完成です。

 

お尻の穴締め運動は、続けてやっていただくと、その場で効果が出る場合もあります。

痛みが軽減した方も、いらっしゃいます。

それはお尻を締めることで、

臀筋(お尻の筋肉) youtuuundou6.gifの上側の筋肉に力が付き、背骨を支えやすくなるのだと思います。

 

また、思わぬ副産物として・・・

尿失禁にも効果がありますし、下腹部のポッコリ  にも効果があります。

youtuuundou4.gif youtuuundou5.jpg  

 いつでもどこでも、人にわからないようにできる体操ですので是非試してみてください。

ただし、一回やっただけでは効果が短いです。

ずっと続けていくと、気がつけば痛みを感じない体になっていきますよ。

体操方法がこれでは分からない!・・・という方は、

ぜひ、からだ美人の整体を受けに来ていただければ、ご指導いたします。