ツボの最近のブログ記事

2月は受験生にとって、人生の分かれ目の時!ですね。

わが娘も私立受験は終わりましたが、今週の土曜日が都立高校の受験日です。

 

そんな娘に日々教えているのが、緊張した時にリラックスして、

平常時の自分の実力をいかに出し切れるか・・・ということ。

 

まず、朝は朝ご飯をしっかり食べさせます。

次に受験会場につくまで、ガムを噛み続けさせています。

kintyou-tubo-7.gif

「噛む」という咀嚼行動は、脳の血流をよくするからです。

 

会場について席に着席したら、なんとなくソワソワ、緊張しますよね。

すると、人間は各関節の動きが悪くなります。

2月は当然、寒いのも重なり、さらに手の動きが悪くなります。

 

それを緩和させるために、緊張を和らげるツボを押しながら、

手関節の動きをよくする方法を、毎日特訓させています。

練習していないと、いざ本番ではできなくなってしまうからです。

 

まず、「緊張をやわらげるツボ」。

kintyou-tubo-1.jpg←ココ。「神門(しんもん)」と言います。

手の少陰心経で、効能は・・・

心痛、動悸、不眠、手掌熱、ヒステリー、精神病、鎮静安神作用、自律神経調節作用など」

                                          (『経穴マップ』医歯薬出版より)

場所は、手首の横ジワの小指の端、少しくぼんだところになります。

kintyou-tubo-2.jpgここを・・・ kintyou-tubo-3.jpg

以上のように拇指で押しながら・・・

kintyou-tubo-4.jpg手を上下にゆさぶります。

すると、緊張をやわらげながら、手関節をゆるめることになるのです。

 

どうぞ、受験時にためしてみてください(^.^)♪

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

私は自律神経のバランスをとるのがヘタなようです。

なので、ストレスがたまっていたり、寝不足が続くと、動悸や不整脈が出ます(*_*)★

心臓の検査では、どっこも何ともないのですが・・・。

 

知り合いのdoctorに言わせると、

「君は交感神経と副交感神経の切り替えがヘタなんだねぇ」

・・・だそうで・・・。

 

そうは分かっていても、症状が出ると辛くなっちゃいます。

そんな時、以下のツボを押して、症状を抑えます。

それが↓↓↓

douki-tubo3.jpg 「?門」(げきもん)です。

腕の内側(屈筋側)のど真ん中です。

 

このツボは手の心包経で、効能は・・・

正中神経麻痺、心胸痛、動悸、喀血、吐血、心臓疾患、ヒステリー、精神病

(『経穴マップ』医歯薬出版株式会社)・・・です。

 

まさに、心臓疾患症状の特効ツボです。

動悸で辛いときなど、ここを押すだけでラクになります。

症状が治まるまで、ジッーっと押していてください。

  douki-tubo1.jpg  

ただし、ココを押しても動悸が治まらない、動悸が頻繁におきる、

冷や汗を伴うなどの症状がある場合は必ず病院へ行ってくださいね。

また、心臓疾患の疑いがある場合は、その場で症状が治まっても、やっぱり病院へ行ってください(^.^)。

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

せんねん灸の使い方☆

|

誰でも、気軽に使えるお灸―それが、「せんねん灸」です。

sennenkyu-1.jpg←今、うちで使っている「せんねん灸」です。

基本的に、お灸は灸師という国家資格の人しか出来ません。

なぜなら、皮膚に直接危険な「もぐさ」を置くことになるからです。

取り扱いにはしっかりとした知識と技術が必要になります。

 

そこで、素人でも出来る「せんねん灸」というお灸が開発されました。

直接皮膚にお灸が触れませんので、素人でも充分に扱えます。

なおかつ、お灸のよさである「熱」を伝えることも、もぐさの成分もしっかり皮膚に伝わります。

sennenkyu-2.jpgしかも、「熱いのは苦手かも・・・」と、ちょっと怖い人でも大丈夫! 

↑↑のように、熱の段階が「弱」から「強」まであります。

恐い人は、「弱」から試してみてください!

 

お灸の効果は・・・

「何らかの原因で一時的に衰え、停滞したからだの組織に、もぐさの成分と熱刺激を与え、

活性化し、本来からだの持っている生命力を蘇らせ、回復へと導くものです」

―――せんねん灸取扱説明書より

そのよさを兼ね備えたせんねん灸を使わない手はないと思います。

 

お灸は、基本的に「ツボ」の上におきます。

「せんねん灸」の取扱説明書には、おもなツボの場所が書いてあります。

実際には、そのあたりを撫でたり押したりしながら、痛みやしこりがあるところを探します。

 

まず・・・。

せんねん灸の裏の台紙をはがします。

sennenkyu-3.jpg

マッチ、ライターで上部に火をつけます。

sennenkyu-9.jpg

火のついたせんねん灸を先ほどのポイントに乗せます。

sennenkyu-7.jpg

もぐさが徐々に燃え、約4分で熱さを感じ(この時点で煙が出ます)

sennenkyu-8.jpg

最後に"キュッ"と熱さを感じて火が消えます。

火が消えてもお灸の効果は持続していきますので、

台紙が冷えてきてから取り除いてください(約2分)。

 

からだの血流がよくなり、せんねん灸をしたあたりからホンワリ、ジンワリと温かさが出てきます。

1日1壮~3壮(「せんねん灸」の1個を1壮といいます)、やってみてください。

定期的に繰り返すことで、からだの機能回復が図られます。

特に、慢性的な冷えにはお灸が効果的だと思います。

 

ただ、注意事項として、「低温やけど」の可能性があります。

熱い、これはいけないと思ったら、台紙ごとせんねん灸を取ってください。

そのあと、少しの間、親指で熱かった所をじーっと押して熱が冷めるのを待ってください。

熱が冷めたらおしまいにします。

 

以上で、せんねん灸のしかたを終わりますが、

もし、せんねん灸を体感したい方がいらっしゃいましたら、ぜひ、当店へお越しください。

整体の上田でした(^^)

 

P.S:かなり効きますよぉ~。私は「冷え性」や「胃痛」が、これでだいぶラクになりました\(^o^)/(by 内田)

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

高血圧症に効くツボ☆その2

|

整体の上田です(^-^)

前回1月の、「高血圧症候群に効果のあるツボ☆その1」に続いて、

今日は「高血圧症に効果のあるツボ☆その2」をご紹介したいと思います(^^)

 

今回も手と足のツボを、1箇所ずつ使います。

手の小指外側の「後けい(こうけい)」と、足の外踝の下約1センチの「申脈(しんみゃく)」です。

 

太陽小腸経「後けい」(効能):頭部充血性の諸症状、前腕の痙攣や痛み)『鍼灸実用経穴学』より

kouketuatu-tubo1.jpg←ココです。小指の外側、小指を曲げた時の横じまのハジです。

 

太陽膀胱経「申脈」 (効能):癲癇・眩暈、脊髄疲れによる足の衰弱、足首の捻挫)『鍼灸実用経穴学』より

kouketuatu-tubo2.jpg

kouketuatu-tubo3.jpg←ココです。足の外側のくるぶしの頂点から、約1㎝下のところにあります。

 

この2つのツボも、セットにして使うと効果があがります。

ちなみに、頭痛にもよいです☆

どちらかというと、頭の片側がズキンズキンと痛い(脈を打っているのと同じ痛みでどちらかといえば急性のもの)場合に使います。

 

高血圧に対する処置として用いる場合には、左手の後けいと、右足の申脈です。

頭痛に対する処置として用いる場合には、痛みのある側を操作します。

 

痛みが消えるか、感じ方に何らかの変化があるまで、

「の」の字を描くように、ジンワリ押圧してください。

kouketuatu-tubo4.jpg

前回同様、その場所にせんねん灸を1日に、1~3壮ほどやっていただくのもいい方法です。

ぜひお試しください(^^)。

 

ちなみに・・・。

均整整体ではこの方法で、身体のねじれが取れるという成果を出しています(^^♪

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

高血圧症に効くツボ☆その1

|

今回は、高血圧症候群に効果のあるツボを紹介したいと思います。

 

まず、手首内側の「列欠(れっけつ)」と、足首内踝下の「照海(しょうかい)」です。

 

太陰肺径「列欠」:効能:顔面神経痛・上肢麻痺・呼吸器、心臓等からの呼吸微弱(少気)『鍼灸実用経穴学』より

少陰腎経「照海」:効能:婦人科疾患・手足の運動麻痺・足関節の炎症、リウマチ、捻挫等『鍼灸実用経穴学』より

 

この2つのツボは、セットにして効果のあることは確かです。

※この組み合わせは奇脈応用という方法です。説明すると難しくなるので省略します※

高血圧症候群でも、今回は特に慢性と思われる場合に使います。

tubo rekketu.jpg tubo syoukai.jpg

左写真:「列欠」・・・手首内側の親指からおりて伸びた延長線上で、手首のラインから親指幅2本分のところ

右写真:「照海」・・・まっすぐ立った時の足内くるぶしの直下のくぼみのところ

 

写真では、左手と右足になっていますが、ツボを押してみて痛みのあるほうでいいです。

「の」の字を描くように、ジンワリ押圧してください。

痛みが消えるまでやってみてください。

 

1回の刺激では、なかなか血圧が下がったという状態までは行かないかもしれません。

ですが、毎日続けてやっていただくと、効果が上ってきます。

ちなみに、その場所にせんねん灸を1日に、1~3壮ほどやっていただくのもいい方法です。

ぜひお試しください(^^)。

 

ちなみに・・・。

均整整体ではこの方法で、身体の左右のバランスをも取れるという結果を出しています(^^♪

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

いわゆる生理痛など(更年期障害の時なども)の時、

下腹部(生殖器系)が痛んだときに効くツボのお話をします。

stuuri.jpg

まずは手首に近い所にある、少陰心経の「通里(つうり)」というツボです。

手首の内側、小指側の自分の親指幅1本分肘側のところです。

『少陰心経』自体が、心臓関連の流れなので自律系にも関係する流れなのです。

その中で「通里」は・・・。

「心悸亢進、心臓衰弱、頭痛、めまい、月経過多、子宮出血など」

・・・に効果があるとされている場所です(医道の日本社:鍼灸実用経穴学)。

 

両方の手首の↑を押してみて、反応(抑えて痛みのある)の出ている側を、

やわらかくのの字を書くように緩めていきます。

 

それと、以前ホットフラッシュのときにも出ましたが・・・。

taisyou.jpg

足の親指と人差し指の間にある、ケツ陰肝経の「太衝(たいしょう)」(原穴)

というツボも効果が高いです。

肝臓系の症状にも効果があります。

さらに・・・。

子宮病・精巣炎、これらからくる慢性の症状の腰痛、下腹・側腹の引きつり、足の冷え等

消化器系の症状として腸仙痛、腸炎、呼吸器系の症状として胸膜炎、肋間神経痛等、

また、目の疾病の症状」にもよく使われるツボです。

「通里」と同様、反応(抑えて痛みのある)の出ている側を、やわらかくのの字を書くように

緩めていきます(医道の日本社:鍼灸実用経穴学)。

 

最後に・・・。

もし症状が急性のときは、足の太陰脾経の「三陰交」というツボを

しっかり強く圧迫するといいです。

「三陰交」は男女とも生殖器の症状に効果があるとされています。

saninkou.jpg

以上の、2点と1点で痛みが和らいでいきますので、ぜひ皆さんお試しください。

 

もし、やり方がわからなかったら、上田までお問い合わせください(^_^)

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

腰痛・神経痛に効くツボ☆

|

筋肉のアンバランスによって起こるギックリ腰や、坐骨神経痛etc・・・。

次の2箇所を刺激してみると、痛みが速やかに取れるときがあります。

 

それはまず・・・。

tubo-gaikan.jpg↑手首を反らした(手の甲側に曲げる)時、その手首のライン中央から親指で2本分のところにあるツボ(穴)・・・。

外関(がいかん)」といいます。

効能は「風邪、耳鳴り、めまい、上肢関節痛、前腕神経痛など」(『経穴マップ』医歯薬出版)

そこを両手首触ってみて、痛みや違和感をを感じる側を「の」の字で緩めます。

 

次に、足の小指と薬指の間を指先からなぞっていき、骨の間で止まるところ。

 

ここは「足の臨泣(りんきゅう)」といいます。

効能は「足背痛、目の疾患、めまい、月経不順、側頭痛など」」(『経穴マップ』医歯薬出版)

tubo-rinkyu.jpgここも痛みのある側を、そっと揉みほぐしてください。

それだけでも、何だか痛みが和らいできます。

 

この2点のツボは、セットで使います。

筋肉を使いすぎたときにおこる水むくみのような痛みと、神経痛に効果的!です。

 

実際に肋間神経痛や、坐骨神経痛の方の痛みの改善に役立ちました。

皆さんも、どうぞ試してみてください。

やり方がわからなかったら、当店までご連絡ください(^^)/

整体担当、上田でした(*^^)v

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

眼精疲労のツボ☆

|

久々のツボ☆のお話です(^^)

私は超ド近眼で、両眼で0.01くらいしか視力がありません(*_*)

なので、メガネをかけていても、コンタクトをしていても、目がとても疲れてしまいます。

そんな時、自分で押して「効くなぁ~~」と思うツボ☆を紹介します♪

me-tubo.jpg 

●●歳のスッピンで、大変失礼いたしました<(_ _)>★

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、即効性のあるツボです。

 

まず、眉頭のツボ「攅竹(さんちく)」。

足の太陽膀胱経のツボです。

効能は・・・

顔面神経麻痺、三叉神経痛、目の諸疾患、眼筋痙攣、鼻炎、頭痛」(『経穴マップ』医歯薬出版)

・・・です。

 

次に眼頭のツボ「晴明(せいめい)」。

同じく、足の太陽膀胱経のツボです。

効能は・・・

眼の諸疾患、眼筋痙攣」(『経穴マップ』医歯薬出版)・・・です。

 

両方とも、母指(片手で母指と人さし指でもよいです)でグッーっとしばらく、押してください。

特に「晴明」を押すと、スッキリします!(^^)!

 

そして、最後に・・・。

これは実はツボではないのですが、かなり効きます。

眉毛の下の印のところです。私がやった中では、一番効くのではないでしょうか。

me-tubo2.jpgここをグッ~っと、上方に写真のように上にひきあげるように刺激します。

気持ちいいい~っ!!!! ・・・です。

 

後は、目の上を軽く↓のように、刺激しても気持ち良いです(強く押すのはNG)。

me-tubo3.jpg 

さらに、耳の上を両手の四指で、↓のようにさすると、かなりスッキリします☆☆☆

me-tubo5.jpg 

さらにさらに、ホットタオルでも、最近出た目の上に「貼るカイロ」でも気持ちよいです。

me-tubo4.jpg←これは、目専用のホットパットです。 ソニプラなどで売ってます(^^)

眼精疲労は温めるのはよいですが、冷やすのは逆効果です。

一瞬、スキッ!っとしますが、眼の周りの筋肉が緩まないので、効果は長持ちしません。

 

ぜひぜひ、やってみてください。

このブログを見終わった後にでも・・・・・・・・。 

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

PMS(月経前緊張症)のツボ☆

|

PMSは、「Premenstrual Syndrome」の略で、日本では「月経前緊張症」といいます。

月経開始の3~10日前から始まる精神的・身体的症状のことです。

実は、私もPMSがヒドイんです(T_T)★

 

通常、月経開始とともに不調は解消されますが、ひどい場合は排卵後2週間くらいつづく人もいます。

主な症状は・・・。

イライラ・ゆううつ感・肩こり・胸のはり・腹痛・頭痛・めまい・むくみ・過食・異常な眠気etc・・・

 

う~ん・・・、ちなみに私は異常なまでに眠くなり、フラフラします。

さらに生理が近くなると、イライライライラ・・・・・・・(-_-メ)

生理前日は、家族の誰かしらにケンカをふっかけたりします(・_・;)

年追うごとにヒドくなってきているような・・・。

 

原因は、主に月経に伴うホルモンの変化によるものです。

東洋医学では、月経前に「肝」の機能が失調し、「気」や「血」が滞ることにより、一連の症状が出ると考えます。

もちろん、心療内科や婦人科に行けば、薬を処方してくれますが、できれば薬には頼りたくないものです。

なので、これからPMSに効くツボをお教えしちゃいます。

 

まずは・・・。 

dantyuu.jpg前にも紹介しました。「?中(だんちゅう」ちゃんです! ここは「ストレス緩和」に効くツボで、イライラにとっても有効です

強く刺激すると痛みが残るので、優しくさすってあげましょう♪

 

さらに・・・

saninkou3.jpg やはり以前に紹介した「三陰交(さんいんこう」ちゃんです。ここは大きなツボです。3つの経絡が交わる場所なので。特に婦人科系の疾患によく効きます。

「婦人科の諸症状、生殖器の障害、慢性出血症状、消化吸収不良の障害、神経衰弱」によいとされています(『経穴マップ』医歯薬出版株式会社)

 

そして最後に・・・

  kekkai2.jpg 私の大根足でごめんなさい(+o+) 足の太陰脾経「血海(けっかい」ちゃんです♪ 膝関節の内側上方から自分の指幅3本分のところにあります。

血の海と、字のごとく血液にかかわるツボで、婦人病治療の要穴。

「婦人科の諸症状、慢性出血症状、貧血、生殖器系の障害、膝関節の障害」によいそうです☆

(『経穴マップ』医歯薬出版株式会社)

 

どのツボも効きますが、自分で試してみて痛いところが、よいです。

押し方は、「三陰交」と「血海」に関しては、親指で『の』の字で揉みほぐすように刺激してください。

休み休みでよいので♪

 

「血」のめぐりをよくして、精神のダメージを取り去ることで、PMSの時期を乗り切りましょう!

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。

耳鳴り、めまい、難聴の特効ツボ2☆

|

先日、耳鳴り・難聴のツボを紹介しました☆

でっ、あの後、整体会の会長に、「耳鳴り・めまい・難聴などの特効ツボ」を聞いてきたので、紹介したいと思います♪

 

それは・・・ 

nantyou-tubo3.jpg←ココです。

屈筋側で小指からラインをひいて、ちょうど肘のあたりにあるツボです。

手の少陰心経「少海(しょうかい)」ちゃんです♪

心経は、循環器や体液(血液・リンパ液)を司る経絡ラインです。

ですから、血流やリンパの流れが悪い方は、このラインをマッサージすると流れがよくなります。

 

その中でも、↑このツボは耳鳴りやめまい、難聴といった内耳の疾患に即効性があるとのこと。

疾患側のツボには、必ず痛みなどの反応があるので、そこをじっくり親指で押してください。

ちなみに、「少海」の効能は・・・

「耳鳴り、頭痛、歯痛、頸部痛、充血による病など」(『経絡経穴概論』より)

・・・です。

 

併せて・・・

nantyou-tubo4.jpg←心経ライン上で、肘から親指3本分上のツボ「青霊(せいれい)」ちゃんを押すとよいそうです☆

効能としては・・・

「尺骨神経痛、正中神経痛、五十肩など」(『経絡経穴概論』より)

・・・とありますが、めまい・耳鳴り・難聴にも即効性があるそうです♪

 

私も刺激してもらったところ、ビックリするぐらいラクになりました。

ぜひぜひ、同じような症状のある方は試してみてくださいませ☆☆☆

上田の整体・健康コラムをこちらで公開中です。ぜひご覧ください。